ヒメマイヅルソウ <暫定>

top
ユリ科 Liliaceae
クサスギカズラ科 Asparagaceae
マイヅルソウと非常によく似ていて区別は容易ではありませんが、葉の幅が細く、葉裏、茎、花序に突起毛があり、葉の縁に微細な鋸歯が見られます。
以上以外のスペックはマイヅルソウに同じ。

 

2019.8.6 更新
  • 全体
  • 花2
  • 全体2
  • 葉2

ヒメマイヅルソウ-全体

葉の幅が狭く、縁に細かな鋸歯があります。
(2019.6 長野県八千穂町)

ヒメマイヅルソウ-花

花はマイヅルソウと同じ。
(2019.6 長野県八千穂町)

ヒメマイヅルソウ-花2

花序の軸には稜があり、稜上には突起が見られました。
(2019.6 長野県八千穂町)

ヒメマイヅルソウ-葉

葉の縁に微細な鋸歯がありますが、肉眼ではなかなか・・・。
(2011.9 八ヶ岳)

ヒメマイヅルソウ-実

(2011.9 八ヶ岳)


ヒメマイヅルソウ-全体2

(2017.6 群馬県赤城山)


ヒメマイヅルソウ-花

花序の軸に微細な突起毛が見られます。矢印が突起毛と思われるもの。
(2017.6 群馬県赤城山)

ヒメマイヅルソウ-葉2
葉の縁に微細な凹凸が確認できました。マイヅルソウの縁は細毛が見られることもあるので本種の「微細な鋸歯」とはこれを指すのではと・・。が、幅は0.05mm前後であり、鋸歯というより、表面を覆う薄い膜の凹凸のようにしか見えなかった。(2017.6 群馬県赤城山)