ホソバノオオアマナ

top
ユリ科 Liliaceae
クサスギカズラ科 Asparagaceae
園芸種と思われますが、都市近郊の森などでよく見かけます。
葉は線形で30cmほど。
花茎は30cmほどで上部で枝を分け、4cmほどの花を総状に多数付けます。花被片は内側は白、外側は緑色で縁が白い。花柄は長く、柄の基部は鞘状

 

2019.5.6 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3

ホソバノオオアマナ-全体

都市近郊などでかなり逸出しています。
(2013.4 千葉市)

ホソバノオオアマナ-全体2

草原に逸失していたもの。このように広がったものが10m範囲くらいに沢山ありました。
(2013.4 千葉市)

ホソバノオオアマナ-全体

茎は太くがっしりしていて、多数の花を付けます。
一見、散形状のように見えますが、総状。(2007.4 千葉市)

ホソバノオオアマナ-花

花は径3cmほど。
(2007.4 千葉市)

ホソバノオオアマナ-花2

花糸は基部~中間部まで幅が広く、幅の広いとっくり状。
(2014.5 千葉市)

ホソバノオオアマナ-花3

花被の裏側中央部分は緑色。
(2013.5 千葉市)

ホソバノオオアマナ-葉

葉は線形で30cm前後あります。
(2007.4 千葉市)