マイヅルソウ

top
ユリ科 Liliaceae
クサスギカズラ科 Asparagaceae
5月下旬から6月頃、山に行くとどこでもよく見られ、しばしば大群生します。
丈は10-25cm、葉は2枚で卵心形、先端が尖り、基部は深い心形で柄があります。
花は茎頂に総状に20個ほど付きます。花被片は4個で4mm、反り返ります。雄しべも4個。
葉が細く茎に毛の多いものはヒメマイヅルソウと呼ばれます。

 

2016.6.2 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 葉2
  • 芽出し

マイヅルソウ-全体

普通、葉は2枚で、ツルが羽を広げた姿に例えられた。
(2013.5 青森市)

マイヅルソウ-全体2

葉は卵心形。
(2012.6 青森市)

マイヅルソウ-全体3

(2010.5 青森県・旧車力村)


マイヅルソウ-全体4

果期。
(2017.9 長野県湯の丸高原)

マイヅルソウ-花

この花のアップはホントに撮りにくい。
(2007.4 筑波山)

マイヅルソウ-蕾

(2015.5 青森県八甲田山)


マイヅルソウ-葉

花の付かなかった株の葉。
(2013.5 青森県 旧・木造町)

マイヅルソウ-葉2

縁に肉眼では見えないごく微細な凹凸が確認されましたが、ヒメマイヅルソウ
「微鋸歯」はもう少しはっきり突起状になると思われます。(2016.5 岩手県二戸市)

マイヅルソウ-実

(2011.10 青森県 旧・車力村)


マイヅルソウ-芽出し

(2016.4 青森県八戸市)