ミヤマナルコユリ

top
ユリ科 Liliaceae
クサスギカズラ科 Asparagaceae
丈は30-70cm、茎には稜があって斜上します。
葉は卵形~長楕円形で6-10cm、毛はなく裏面はやや白い。
葉腋から柄が葉に沿って伸び、途中から下を向いて数個の花をつり下げますので、上から見ると花は葉に隠れて見えにくい。花は白く筒状で15-20mm、先端が緑色、筒部は途中まで花被が合着し、先端だけ裂けます。花糸も途中まで花被に合着しています。

 

2019.6.22 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

ミヤマナルコユリ-全体

茎の上部は水平になることが多く、花が葉の下で咲くような姿になるので、
花に気づきにくい。(2018.5 千葉市)

ミヤマナルコユリ-全体2

真横から撮影しても、花が葉に隠れ気味で一番の特徴がわかりにくい。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

ミヤマナルコユリ-全体3

下から見ると、花が左右に分かれて綺麗に2列に並ぶ姿が確認できます。
(2017.6 群馬県 旧・水上町)

ミヤマナルコユリ-全体4

(2015.5 新潟県 旧・青海町)


ミヤマナルコユリ-花

花柄は葉腋の少し上から葉に沿って伸びるような感じに見え、花は1-4個くらい付く。
(2016.5 千葉市)

ミヤマナルコユリ-花2

花は長さ15-20mm。先端部は緑色を帯び、わずかに開きます。
(2016.5 千葉市)

ミヤマナルコユリ-花3

外花被片に比して内花被片のほうが先端の緑色がはっきりしているようです。
(2016.5 千葉市)

ミヤマナルコユリ-花4

花被の内側に毛が多いが・・・
(2018.5 千葉市)

ミヤマナルコユリ-花5

花糸に長い毛が密生します。
(2018.5 千葉市)

ミヤマナルコユリ-実

(2017.7 青森県西目屋村)


ミヤマナルコユリ-葉

葉は卵形~長楕円形。上から見ると、花がスッポリ隠れて見えません。
(2016.4 千葉市)

ミヤマナルコユリ-葉2

葉裏は白く、脈はほとんど浮き出ていませんでした。
(2016.4 千葉市)

ミヤマナルコユリ-葉3

葉裏の拡大。突起はなく、小脈と面はほぼフラット。
(2018.4 千葉市)

ミヤマナルコユリ-葉4

花柄は葉腋から少し上まで茎に合着し、そこから横に伸びるようです。
(2018.4 千葉市)

ミヤマナルコユリ-茎

茎には稜があります。
(2008.5 千葉市)