シロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)/ ムラサキエンレイソウ

top
ユリ科 Liliaceae
シュロソウ科 Melanthiaceae
丈は20-40cm、葉は菱状卵形で6-17cm、先がツンと尖り基部は広いくさび型、3枚が茎頂に輪生します。
花は茎頂に1つ付き、横向きに咲きます。外花被片は20-27mmで緑色、内花被片は白くて長い。雄しべは6本で葯は花糸と同長
北地には内花被片が明らかに大きく、葯の大きいオオバナノエンレイソウがあります。

 

2019.5.18 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • ムラサキエンレイソウ
  • 同2
  • 同・花
  • 同・花2

シロバナエンレイソウ-全体

(2017.4 東京都高尾山)


シロバナエンレイソウ-全体2

(2018.4 長野県小諸市)


シロバナエンレイソウ-全体3

(2019.5 長野県軽井沢町)


シロバナエンレイソウ-花

内花被片があり、白色。
(2017.4 東京都高尾山)

シロバナエンレイソウ-花2

葯は花糸より短い。花柱は先端3裂。
(2018.4 長野県小諸市)

シロバナエンレイソウ-葉

葉は3輪生、菱状卵形で先がツンと尖ります。
(2017.4 東京都高尾山)

シロバナエンレイソウ-葉2

葉裏。
(2017.4 東京都高尾山)

ムラサキエンレイソウ-全体

シロバナエンレイソウに混じって見られることが多いようです。
(2019.5 長野県軽井沢町)

ムラサキエンレイソウ-全体2

(2013.6 長野県佐久穂町)


ムラサキエンレイソウ-花

内花被片の内側がピンクに染まります。
(2006.6 上高地)

ムラサキエンレイソウ-花2

内花被片の外側も赤い。
(2019.5 長野県軽井沢町)