バシクルモン

top

キョウチクトウ科 Apocynaceae
名の語源がアイヌ語なので外来種のような印象もありますが、れっきとした在来の希少種。
丈は50-80cmほど、茎はよく分枝します。葉は対生することも互生することもあります。いずれの葉も長楕円形、短柄があり、縁に微細な鋸歯状のものがあります。茎、葉ともに無毛。
花は茎頂に円錐状に多数付き、ピンク色のラッパ状で1cm、先端は5裂。

 

2017.5.20 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

バシクルモン-全体

咲き始めたばかりのようで、この株が一番よく咲いていました。
(2013.6 新潟県)

バシクルモン-全体2

海の漂着物が散乱して歩くのも躊躇われるような所にあり、ちょっと可哀想でした。
(2013.6 新潟県)

バシクルモン-全体3

(2013.6 新潟県)


バシクルモン-花

萼や花柄に微細な毛が見られます。花は咲き進むと下を向くように見えました。
本来ならもっと花序は広がりますが、咲き始めなのでこのような姿。(2013.6 新潟県)

バシクルモン-花2

花冠には濃いピンクの線状の斑が入ります。花冠裂片にも微細な毛が見られました。
(2013.6 新潟県)

バシクルモン-葉

葉は主茎、側枝とも互生したり対生したりで、決まっているようには見えませんでした。
形は被針形で先端は鈍頭、基部は円形またはくさび形。(2013.6 新潟県)

バシクルモン-葉2

葉には短柄があり、無毛。縁に粒状の突起のような微細な鋸歯状のものが見られました。
(2013.6 新潟県)

バシクルモン-葉3

葉表。
(2017.5 新潟県)

バシクルモン-茎

茎も無毛。
(2016.5 新潟県)

バシクルモン-春

コンクリートの割れ目に沿って見られたもの。
(2017.5 新潟県)