ヒメナエ

top
マチン科 Loganiaceae
アイナエと似ていますが、対生する2枚の葉同士は接近しません。
丈は2-10cm、茎も葉もほぼ無毛で、時に下部で分枝します。葉は3-8mmの被針形~線形。
花は上部の葉腋から細い柄を伸ばして付き、径2.5mm、花冠裂片は鐘形で先だけ少し尖ります。

 

2016.9.2 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3

ヒメナエ-全体

丈は5cm強くらいで10cmには達しない。根生する葉はありません。
(2012.7 千葉県 旧・成東町)

ヒメナエ-全体2

葉腋ごとに花を付けます。
(2016.9 茨城県土浦市)

ヒメナエ-全体3

葉は向きが交互に90度ずれて付く十字対生。互いに離れて付きます。
(2012.7 千葉県 旧・成東町)

ヒメナエ-花

葉は線形~被針形。
(2007.8 千葉県・旧成東町)

ヒメナエ-花2

花冠は2-3mmほど。先端は4裂。花冠内がに毛が見られました。
裂片の縁にも微細な毛があるようです。(2016.8 茨城県土浦市)

ヒメナエ-花3

萼も4個で裂片は狭被針形、先は尖ります。
(2013.8 千葉県 旧成東町)

ヒメナエ-葉
葉は被針形で長さ3-8mmほど、対生します。
図鑑に記載の葉の基部が繋がるという特徴は一部個体の花柄を分ける部分の
葉のみでしか見られなかった。(2013.8 千葉県 旧・成東町)