エングラー シバナ科 Juncaginaceae
エングラー ホロムイソウ科 Scheuchzeriaceae

トップページ

湿った汽水域の砂地や淡水の湿性地などで見られる植物です。以前は両科の植物ともにホロムイソウ科とされていましたが、後にシバナ科が分けられました。
ホロムイソウ科は1属1種の植物で、尾瀬など高層湿原で普通に見られますが、シバナ科は環境に敏感で、自然環境が良好な場所では沢山見られますが、そうでないとすぐに絶えてしまうようです。なお、シバナ科は3種全てが絶滅危惧種です。

 
背景が紺色 : 変種以上 / 背景が青緑 : 外来種 / 背景が淡青色 : 品種・交雑種 / ( ) : 別形状
「未掲載」は在来の変種以上で、エリア内に自生すると推定されるもののみ表示
     
APG では・・・ シバナ科 Juncaginaceae
シバナ属 Triglochin

シバナ
     
     
ホロムイソウ属 Scheuchzeria
         
   
エングラー