ハゼラン

top
ハゼラン科 Talinaceae
スベリヒユ科 Portulacaceae
園芸逸出種。
丈は80cm前後。葉は互生しやや多肉、先の尖った倒卵形で全縁、無毛。茎も無毛。
上部で主茎から分枝した枝に円錐型の花序を付けます。花は6mmで花弁には強い光沢があり、晴れた日の2-3時頃に開花します。果実は赤く2mmほど。

 

2019.11.21 更新
  • 全体
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3
  • 種子

ハゼラン-全体

海を目の前にした畑まわりで群れていました。果実はほとんど 見当たらず、
ちょうど咲き始めだったようです。(2013.6 千葉県鴨川市)

ハゼラン-花

主茎から枝を分け、複数の花序が伸びています。
(2018.8 千葉市)

ハゼラン-花

花序柄の基部に苞と思われる線形のものが見られました。
(2013.5 千葉県鴨川市)

ハゼラン-花2

花は約6mmで5弁花。雄しべ10本、花柱先端は3裂。
中央のやや扁平な球形のものは子房。(2018.8 千葉市)

ハゼラン-花4

(2018.8 千葉市)


ハゼラン-実

若い果実は赤く、熟すとこの姿になる。
(2019.11 千葉市)

ハゼラン-葉

葉は尖った倒卵形で基部は細まって短柄となっているように見えます。
縁は全縁。(2013.5 千葉県鴨川市)

ハゼラン-葉

(2018.8 千葉市)


ハゼラン-葉3

葉裏。毛は見られない。
(2018.8 千葉市)

ハゼラン-茎

茎にごく微細な毛のように見えるものが見られましたが・・・。
(2018.8 千葉市)

ハゼラン-種子

方眼は1cm。
(2019.11)