フッキソウ

top
ツゲ科 Buxaceae
丈は20-30cmほどの低木です。葉は柄があり、3-6cmの倒卵状ヘラ形で、1-3対の鋸歯があり、基部はくさび型、表面に光沢があります。互生ですが、輪生しているように見えます。
花は茎頂に穂状に付き、20-25個の雄花の下に少数の雌花が付きます。雄花は多数で10mmほどある3-4本の花糸が目立ちます。雌花の花柱は2。

 

2019.4.15 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2

フッキソウ-全体

多くは終わっていましたが、雪解けが遅れた場所では咲き遅れた綺麗なものも見られました。
(2018.4 長野県白馬村)

フッキソウ-全体2

葉は卵状楕円形~菱状倒卵形。
(2008.5 長野県上高地)

フッキソウ-全体3

開花直前の状態。
(2012.4 長野県白馬村)

フッキソウ-花

花序の上部大半は雄花。一番下に見えるのが雌花。
(2008.5 千葉市)

フッキソウ-雄花

雄しべはふつう4つ、3つのものも混ざっていました。
(2018.4 長野県白馬村)

フッキソウ-花3

雄しべ3つのもの。基部に鱗片状の苞が数枚付く。
(2018.4 長野県白馬村)

フッキソウ-花4

雌花。鱗片状の苞の形が、雄花と少し違うように見えました。
(2018.4 長野県白馬村)

フッキソウ-蕾

雄花の蕾。すでに葯が見えている。
(2019.4 長野県白馬村)

フッキソウ-実

実は白く球形。上では翌年の蕾がもう上がっています。
(2009.10 長野県上高地)

フッキソウ-葉

花の付かなかったもの。
(2018.4 長野県白馬村)

フッキソウ-葉

葉は倒卵状へら形、基部はくさび型、無毛のようです。多少光沢から見られました。
(2016.3 千葉市)

フッキソウ-葉2

葉裏。
(2016.3 千葉市)

フッキソウ-茎

葉は集まって付く。
(2017.3 千葉市)