ツルナ

top
ツルナ科 Aizoaceae
ハマミズナ科 Aizoaceae
丈は40-60cm、茎は地を匍い、立ち上がって葉腋に小さな花を付けます。葉は4-6cmの卵状三角形、多肉。
花は葉腋に1-2個付き、花柄はごく短く、花弁に見えるものは萼で黄色で裂片は4-5個、花柱4-5個、雄しべは9-16個。果実には突起があります。

 

2019.6.15 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 葉5
  • 芽出し
  • 芽出し2

ツルナ-全体

おいしそうな葉・・・食べられます。
(2007.8 千葉県・旧岬町)

ツルナ-全体2

(2016.7 千葉県 旧・岬町)


ツルナ-全体3

千葉市内のような、自然の海岸が完全に失われたような所でも、護岸や海岸近くの道路の
アスファルトの隙間などで逞しく生き延びています。決して少なくはない。(2016.6 千葉市)

ツルナ-全体4

まだ桜も咲く前から早くも咲き始めていましたが、この時期のものは茎や葉の一部が
赤味を帯びるものが多い。(2017.3 千葉県館山市)

ツルナ-花

花に花弁はなく、黄色いのは萼。4-5裂します。
(2007.8 千葉県・旧岬町)

ツルナ-花

萼は4-5個、雄しべは6-16個、花柱は4-5個。
(2016.5 神奈川県横須賀市)

ツルナ-花3

(2019.5 千葉県一宮町)


ツルナ-花4

花の下にある逆三角形の部分が子房。子房下位。
(2016.5 神奈川県横須賀市)

ツルナ-実

果実には4つの突起が見られます。
(2016.11 千葉県館山市)

ツルナ-実

上から見ると・・・熟すと概ね四角形。
(2012.11 千葉県館山市)

ツルナ-葉

三角状・多肉で、先端は丸い。
(2010.10 千葉県館山市)

ツルナ-葉2

葉には細かな突起のようなものがあります。
(2010.10 千葉県館山市)

ツルナ-葉

表面を拡大すると、鱗状のような突起が見られました。
(2015.10 千葉県館山市)

ツルナ-葉4

葉裏。葉表より大きな突起が密生。
(2015.10 千葉県館山市)

ツルナ-葉5

葉裏基部。粒状の突起に加え、泡状、鱗状のものが多数付着しているように見えました。
(2016.5 神奈川県横須賀市)

ツルナ-茎

茎にも小突起が密生。
(2015.10 千葉県館山市)

ツルナ-芽出し

(2016.4 千葉県一の宮町)


ツルナ-芽出し2

少し大きくなった状態。
(2016.4 千葉県一の宮町)