クロビイタヤ

top
カエデ科 Aceraceae
ムクロジ科 Sapindaceae
10m-20mになる落葉高木。樹皮は不規則に裂け、はがれやすい。
葉は7-15cmで掌状5裂、さらに切れ込み、基部は浅い心形、両面に毛が見られます。
花序は円錐状で、普通、雌花と雄花が混在します。花は淡い黄色~黄緑色。
果実は翼果で、種子に毛が見られます。

 

2019.6.20 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 果期
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 葉2

クロビイタヤ-全体

本種がここにあることは以前から知っていましたが、目の前にあるこれだとは思っても見ず、散々探して、判ったときは唖然としました。(2019.6 長野県 旧・真田町)

クロビイタヤ-全体2

種子に毛があるものはシバタカエデと呼ばれ、ここでは共棲しているらしいのですが、
花期では確認できそうもなく、確認していない。(2019.6 長野県 旧・真田町)

クロビイタヤ-全体3

(2019.6 長野県 旧・真田町)


クロビイタヤ-果期

(2019.6 長野県 旧・真田町)


クロビイチヤ-花

花序には雄花と雌花が混在します。雌花が先に咲くように見えました。
赤色が混じるのが雄花。(2019.6 長野県 旧・真田町)

クロビイチヤ-花2

左:雌花 右:雄花
(2019.6 長野県 旧・真田町)

クロビイチヤ-花3

雌花。花弁・萼には毛が見られました。花糸は短く葯に花粉はないようでした。
(2019.6 長野県 旧・真田町)

クロビイチヤ-花4

雄花。咲き始めでまだ完全に展開していない。花糸が赤いので、
完全に開花していないものでも判別できた。(2019.6 長野県 旧・真田町)

クロビイタヤ-実

(2019.6 長野県 旧・真田町)


クロビイタヤ-実2

微細な毛が見られます。変種のシバタカエデにはこの毛がない。
(2019.6 長野県 旧・真田町)

クロビイタヤ-葉

葉は掌状5裂、裂片には粗く先の丸い鋸歯が見られました。
(2019.6 長野県 旧・真田町)

クロビイチヤ-葉2

葉裏。表とともに毛が多く見られました。
(2019.6 長野県 旧・真田町)