ミネカエデ

top
カエデ科 Aceraceae
ムクロジ科 Sapindaceae
落葉小高木。
丈は8-10mになります。樹皮は灰褐色。葉は対生し、径5-9cmで掌状に5中裂、時に7中裂、さらに浅く裂け、縁には重鋸歯があります。裏面基部に褐色の軟毛があります。
花は2-5cmの総状花序に5-10個付き、径8-10mm、淡黄色。
よく似たコミネカエデはより低地で見られ、中央裂片が長く伸び、花序に付く花も20-30個と多いが花はし小さい。

 

2018.7.28 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 葉2
  • 葉3

ミネカエデ-全体

ここでは山地帯上部付近で見られました。
(2008.6 岩手県八幡平)

ミネカエデ-全体2

(2018.6 山形県鳥海山)


ミネカエデ-全体3

(2018.6 山形県鳥海山)


ミネカエデ-全体4

果期
(2018.7 北ア・八方尾根)

ミネカエデ-花

花は8-10mmあるが、花序に付く花は5-10個と多くない。
(2008.6 岩手県八幡平)

ミネカエデ-実

(2018.7 北ア・八方尾根)


ミネカエデ-葉

葉は5中裂と裂け方は浅く、中央裂片は多少伸びていましたが、
コミネカエデほどは伸びない。(2008.6 岩手県八幡平)

ミネカエデ-葉2

(2018.6 山形県鳥海山)


ミネカエデ-葉3

(2018.7 北ア・八方尾根)