オガラバナ

top
カエデ科 Aceraceae
ムクロジ科 Sapindaceae
3-10mの落葉小高木。
葉は体制し、長さ8-15cmで掌状に5-7裂、裂片の先は尖り欠刻状の鋸歯が見られます。裏面は軟毛が密生してやや白い。
花は枝先に10-20cmの円柱状に付き、黄緑色の地味で小さな花を沢山付けます。花序には雄花と両性花が混じります。
森林限界付近では、1-3mくらいのものも少なくない。

 

2018.6.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3

オガラバナ-全体

(2008.7 長野県栂池高原)


オガラバナ-全体2

(2018.6 長野県茅野市)


オガラバナ-花

(2008.7 秋田県駒ヶ岳)


オガラバナ-花2

雄花花序。
(2012.7 山形県月山)

オガラバナ-花3

雌花花序
(2015.8 長野県白馬村)

オガラバナ-葉

(2015.8 長野県白馬村)