オオイタヤメイゲツ

top
カエデ科 Aceraceae
ムクロジ科 Sapindaceae
10-15mになる落葉高木。樹皮は浅く裂けます。雌雄同株。
葉は5-9cmで掌状に浅く9-11裂し、縁に重鋸歯が見られます。
花は雄花だけの花序と両性花の混じる花序があり、どちらも複散房状に10-20個ずつ付き、雄花花序は垂れ下がり、両性花を含む花序は上向きになります。

 

2018.5.26 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 葉2

オオイタヤメイゲツ-全体

山地帯上部付近で見られることもあり、花期も遅い。
(2018.5 山梨県三ツ峠山)

オオイタヤメイゲツ-全体2

(2018.5 山梨県三ツ峠山)


オオイタヤメイゲツ-全体3

(2018.5 山梨県三ツ峠山)


オオイタヤメイゲツ-花

両性花が混じる花序。
(2018.5 山梨県三ツ峠山)

オオイタヤメイゲツ-葉

葉は掌状に9-11裂。
(2018.5 山梨県三ツ峠山)

オオイタヤメイゲツ-葉2

縁には重鋸歯が見られます。
(2018.5 山梨県三ツ峠山)