ウリカエデ

top
カエデ科 Aceraceae
ムクロジ科 Sapindaceae
6-8mになる落葉小高木。雌雄別株。
樹皮は緑色に黒い縦縞が入ります。若い枝は緑~暗い赤紫色。
葉は対生し、4-8cmで裂けないか浅く3裂、先は尾状で基部はハート形、縁には重鋸歯があります。
花は3-5cmほどの総状花序に10個ほど付き、花弁5、雄花の雄しべは8、雌花の花柱は反り返ります。

 

2018.4.28 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 実2
  • 葉2

ウリカエデ-全体

ホソエカエデとよく似ていますが、花数が少ない。
(2018.4 茨城県 旧・山方町)

ウリカエデ-全体2

(2018.4 長野県小諸市)


ウリカエデ-全体3

蕾を包んでいた内側の鱗片葉が基部に残っていました。
(2018.4 茨城県 旧・山方町)

ウリカエデ-全体4

果期。
(2018.4 千葉県大多喜町)

ウリカエデ-花

雄花花序。花数は10個程度。
(2018.4 茨城県 旧・山方町)

ウリカエデ-花2

(2018.4 茨城県 旧・山方町)


ウリカエデ-花3

雄花。雄しべは8。
(2018.4 茨城県 旧・山方町)

ウリカエデ-実

(2018.4 千葉県大多喜町)


ウリカエデ-実2

(2018.4 千葉県大多喜町)


ウリカエデ-葉

葉は3裂、裂けないものもありました。
(2018.4 茨城県 旧・山方町)

ウリカエデ-葉2

小さな膜が見られました。ホソエカエデと比して小さいようです。
(2018.4 茨城県 旧・山方町)

ウリカエデ-枝

枝はやや赤味のある緑色でした。
(2018.4 茨城県 旧・山方町)