アオモジ

top
クスノキ科 Lauraceae
丈が~5mになる落葉小高木。
樹皮は緑褐色、新枝は暗緑色。葉は互生し7-15cmの長楕円状披針形で先は長く尖り、縁は全縁、はじめは葉表主脈に毛がありますが、後に脱落します。
花は葉より少し早く咲き出し、6mmほどある白く大きな総苞片が目立ちます。片は雄花序では4-5個、雌花序では3-4個。花は平開した総苞片の内側に数個付き、花被片6、雄花の雄しべは9で、内側3個の基部に腺体が2個ずつ付く。雄しべの葯は4室。

 

2020.3.10 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 樹皮

アオモジ-全体

各地で逸失が確認されています。前年枝に多数の花序が付きます。
(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>

アオモジ-全体2

ダムサイトに沢山見られると聞き、寄ってみました。
(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>

アオモジ-全体

南房総でも・・・。
(2018.3 千葉県鴨川市) <逸出>

アオモジ-全体4

(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>


アオモジ-花

(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>


アオモジ-花2

房状に花がついて見事。
(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>

アオモジ-花3

白く丸いのが総苞片。蕾を覆っていたもの。
(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>

アオモジ-花4

これでひとつの花序。
(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>

アオモジ
アオモジ-花5

花被片6、雄しべ9、葯は4室、腺体は6。
(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>

アオモジ-葉

芽吹いたばかりで観察できず。長楕円状披針形、鋭頭、全縁のはず。
(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>

アオモジ-枝

緑色を帯びています。
(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>

アオモジ-樹皮

光の加減か、緑褐色には見えなかった。
(2020.3 静岡県南伊豆町) <逸出>