ヤマコウバシ

top
クスノキ科 Lauraceae
雌雄別株ながら雌株しかなく、雌株だけで結実します。
高さ3-5mの落葉低木。樹皮は茶褐色で小さな皮目があり、始め曲がった短い毛があります。
葉は5-10cmの長楕円形~楕円形、先は鈍頭、基部は広いくさび形。葉は枯れても落ちず、春まで残ります。
花は雌花しかなく、前年の葉腋に数個付き、花被片は6個ありますが1.5mmほどしかない。子房と花柱は花被から突き出ます。

 

2019.4.28 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 果期
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 枝2

ヤマコウバシ-全体

すでに葉葉展開しており、花も多くは終わり気味でした。
(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-全体2

花被片が小さくて、咲いているか終わっているか、パッと見ではわかりませんでした。
(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-全体3

開花最盛期で、葉腋枚に複数の花を付けているにも関わらず、
花が咲いているようには見えない。(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-全体4

名の由来は、枝を折ると芳香があることからだそうですが、試してはいません。
(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-果期

(2018.10 千葉市)


ヤマコウバシ-花

(2018.4 千葉市)


ヤマコウバシ-花2

雌花花序。花序にはほとんど柄はないようでした。花柄には絹毛が密生。
ちなみに、雄花花序は日本には存在しないそうです。(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-花3

花被片は小さく黄緑色。少し黄色みを帯びても見えますが、これは腺体が透けて
見えていることによる。子房と花柱が花被から少し飛び出ています。(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-花4

子房のまわりに黄色い腺体と思われるものが見えました。
数えませんでしたが、6個あるはず。(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-実

若い果実。雌花のみで結実します。
(2018.8 千葉市)

ヤマコウバシ-実2

熟した果実。
(2018.10 千葉市)

ヤマコウバシ-葉

葉は長楕円形~長楕円形。写真は展開してまもないもの。
(2019.4 千葉市)

ヤマコウバシ-葉2

(2018.4 千葉市)


ヤマコウバシ-葉3

成葉。
(2018.8 千葉市)

ヤマコウバシ-枝

新枝には毛が密生していました。
(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-枝2

前々年の枝。
(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-幹

小さな皮目が見られます。
(2018.4 千葉市)

ヤマコウバシ-冬

葉は枯れても落葉しない。
(2019.2 千葉市)