イヌツゲ

top
モチノキ科 Aquifoliaceae
雌雄別株の常緑小高木。
丈は2-6m、よく枝分かれします。本年枝は緑色。葉は互生し、1-3cmの楕円形~長楕円形で縁に浅い鋸歯が数個見られます。両面ともに無毛。
雌花は葉腋に1つ、雄花は葉腋に2-6個付き、いずれも花弁4。果実は5-6mmで黒色に熟します。

 

2019.7.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 果期
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2

イヌツゲ-全体

火山性の岩混じりの低木林で転々とみられました。
(2019.6 神奈川県箱根町)

イヌツゲ-全体2

(2019.6 神奈川県箱根町)


イヌツゲ-全体

(2017.11 千葉県 旧・成東町)


イヌツゲ-花

雄花。花弁4、雄しべ4。
(2019.6 神奈川県箱根町)

イヌツゲ-花2

萼片は半円形でした。
(2019.6 神奈川県箱根町)

イヌツゲ-花3

雌花
(2019.7 岩手県 旧・松尾村)

イヌツゲ-花4

雌花は葉腋に1つずつ付く。
(2019.7 岩手県 旧・松尾村)

イヌツゲ-実

(2017.11 千葉県 旧・成東町)


イヌツゲ-葉

(2017.11 千葉県 旧・成東町)


イヌツゲ-葉2

(2019.6 神奈川県箱根町)


イヌツゲ-枝

(2019.6 神奈川県箱根町)