ツルツゲ

top
モチノキ科 Aquifoliaceae
雌雄別株の常緑低木。
丈は20-50cm、茎は地面を這うようにして広がります。葉は互生し、2-4cmの長楕円形~被針形で粗い鋸歯があります。表面はシワが目立ちます。
花は前年枝の葉腋に1-5個付き、花径4mmの4弁花。果実は径6mmの球形が赤く熟します。

 

2015.2.3 更新
  • 全体
  • 全体2

ツルツゲ-全体

葉は長楕円形~被針形で粗い鋸歯があり、葉面にはシワが目立ちます。
(2008.7 秋田駒ヶ岳)

ツルツゲ-全体2

(2013.6 秋田駒ヶ岳)


ツルツゲ-花

花弁4枚。雄しべ4つ。
(2013.6 秋田駒ヶ岳)

ツルツゲ-花・葉

葉は長楕円形~被針形で革質、光沢があります。
(2008.7 秋田駒ヶ岳)