マルバアオダモ

top
モクセイ科 Oleaceae
落葉高木。枝には皮目が多い。葉は対生し、奇数羽状複葉で小葉は3-5(7)個、5-10cmの卵形で先は鋭く尖り、基部はゆがんだ広いくさび形、ほぼ全縁、葉裏脈状に毛があります。
花は新枝の枝先に円錐状に付き、花冠は4全裂、裂片は6-7mmの線形で、雄花、両性花ともに雄しべは2。果実には翼があり、長さ2-3cm。

 

2018.6.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3

マメバアオダモ-全体

(2008.5 長野県 旧・奈川村)


マルバアオダモ-全体2

咲き始め。
(2018.4 千葉市)

マルバアオダモ-全体2

(2018.4 千葉市)


マルバアオダモ-全体4

(2018.6 長野県茅野市)


マルバアオダモ-花

(2008.5 長野県 旧・奈川村)


マルバアオダモ-花2

花冠は4全裂、裂片は線形で基部は細い。雄しべは2。
(2008.5 長野県 旧・奈川村)

マルバアオダモ-花3

花序の軸には毛が見られます。
(2018.6 長野県茅野市)

マルバアオダモ-葉

葉は3-5小葉からなる奇数羽状複葉、時に7小葉になります。
(2008.5 長野県 旧・奈川村)

マルバアオダモ-葉2

小葉の鋸歯は浅く粗い。
(2018.4 千葉市)

マルバアオダモ-葉3

小葉裏。脈上に毛が見られます。
(2018.4 千葉市)

マルバアオダモ-幹

(2018.3 千葉市)