エノキ

top
ニレ科 Ulmaceae
アサ科 Cannabaceae
高さ20mほどになる落葉高木。樹皮は灰黒褐色でなめらかですが、小さな皮目もある。本年枝には毛が密生します。
葉は4-9cmの広楕円形で、先は旧に尖り、基部は広いくさび形で、左右不対称となります。葉の基部から伸びる3脈が目立ちます。
花は葉と同時に咲き、雄花は新枝の基部に集まって付き、両性花は上部に葉腋に付きます。いずれも花被は4、雄しべ4。

 

2019.4.20 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 果期
  • 果期2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 実3
  • 葉2
  • 葉3

エノキ-全体

谷津田のまわりなどで見られることが多い。
(2018.4 千葉市)

エノキ-全体3

(2018.4 千葉市)


エノキ-果期

花が終わってまもない状態。
(2018.4 千葉市)

エノキ-果期2

熟す直前の状態。
(2018.9 千葉市)

エノキ-花

新枝の下部に雄花が、上部に両性花が付く。上部に2分しているのが両性花の花柱。
(2018.4 千葉市)

エノキ-花2

雄花。花被片4、雄しべ4。
(2019.4 千葉市)

エノキ-花3

両性花。花被片4、雄しべ4、花柱は2裂。
(2019.4 千葉市)

エノキ-花4

両性花は雌性先熟のように見えます。花柱が見えますが、
花被片は開いておらず、雄しべも展開していない。(2019.4 千葉市)

エノキ-実

(2018.9 千葉市)


エノキ-実2

熟した果実。径6mm。食べられるそうですが、勇気が持てなかった。
(2018.10 千葉市)

エノキ-実2

柄にはまだ軟毛が見られました。
(2018.9 千葉市)

エノキ-葉

葉は広卵形、基部の3脈が明瞭、側脈は縁に達しない。
(2018.4 千葉市)

エノキ-葉2

上1/3程度に鋸歯が見られます。基部は左右非対称。
よく似たエゾエノキは1/2以上に鋸歯がある。(2018.10 千葉市)

エノキ-葉3

裏面。褐色の軟毛が残っていました。
(2018.10 千葉市)

エノキ-幹

(2018.4 千葉市)