シダレヤナギ

top
ヤナギ科 Salicaceae
8-17mになる落葉高木。雌雄別株。
樹皮は灰褐色で縦に割れ目が入ります。枝先は垂れる。新枝は緑褐色でなめらか。
葉は8-13cmの広線形で縁には細かな鋸歯が見られます。葉裏は白い。
花は葉の展開と同時に咲き、雄花序は2.5-3cm、雌花序はやや小さい。雄花の雄しべは2つが合着。子房は基部に少し毛が見られます。

 

2018.5.1 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 葉2

シダレヤナギ-全体

多くの方がイメージする「やなぎ」は本種。枝先が垂れ下がります。
(2018.4 福島県会津若松市) <植栽推定>

シダレヤナギ-全体2

雌株。写真の枝は下が先。
(2018.4 福島県会津若松市) <植栽推定>

シダレヤナギ-全体3

(2018.4 福島県会津若松市) <植栽推定>


シダレヤナギ-花

雌花花序。枝が垂れ下がるので、新芽が下向きに伸びて横向きに花が展開する。
(2018.4 福島県会津若松市) <植栽推定>

シダレヤナギ-葉

葉は線形ですが、花期の始めに見られる葉はあまり長く伸びない。
縁に細かい鋸歯があります。(2018.4 福島県会津若松市) <植栽推定>

シダレヤナギ-葉2

葉裏。無毛で白っぽい。
(2018.4 福島県会津若松市) <植栽推定>