ナズナ

アブラナ科 Cruciferae
アブラナ科 Brassicaceae
春の七草の1つでもあるこの花ですが、近年密かに外来種が混ざっているとも聞きます。
丈は10-50cm、茎葉は基部が矢尻形になって茎を抱き、根生葉は頭大羽状に裂けます。茎は円柱状。
花は総状に多数付き、花弁は1.5-3.5mm、果実は5-8mmの逆三角形

 狭義は在来のナズナのみですが。外来のホソミナズナが含まれる可能性があり、標準学名での掲載としました。

 

2018.3.3 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3

ナズナ-全体

春の里にあって当たり前の花。俗称、「ペンペングサ」。
(2009.3 千葉市)

ナズナ-全体5

(2017.4 千葉県四街道市)


ナズナ-全体3

(2014.3 千葉市)


ナズナ-全体4

そろそろ終わりの頃。
(2015.4 千葉市)

ナズナ-全体5

田んぼの土手などで当たり前に見る光景。
(2017.3 千葉市)

ナズナ-花

千葉では、例年ですと立春をすぎてちょっとすると咲き出します。 
(2014.3 千葉市)

ナズナ-花2

雄しべは6本確認出来ました。
(2013.3 千葉市)

ナズナ-実

果実は「ペンペングサ」の名の由来である三味線のバチ形。
(2014.3 千葉市)

ナズナ-実2

当地では日だまりなどでは冬でも花が見られるので、2月でも熟した果実が見られます。
種子が透けて見えていました。(2017.2 千葉市)

ナズナ-葉2

葉や茎には毛が多く見られ、茎葉は茎を抱きます。
(2008.3 千葉市)

ナズナ-葉2

葉裏。
(2018.3 千葉市)

ナズナ-葉

根生葉。羽状に裂けます。頭大羽状になったり、小葉が線形になったりと変化も多い。
(2014.3 千葉市)