(雑) エゾミズタマソウの交雑種 <参考>

アカバナ科 Onagraceae
(エゾミズタマソウ)
丈は30-70cm、葉は4-14cmの長卵形~長楕円状卵形でごく浅い鋸歯が見られます。茎は無毛。
花は枝先に総状に付き、花弁2、萼2、雄しべ2。萼はふつう赤い。小花柄に腺毛が密生します。果実には深い4溝が見られます。

 

2016.1.15 作成
  • 全体
  • コメント

エゾミズタマソウの交雑-全体

一見、ふつうのミズタマソウにも見えましたが・・・。
(2015.8 青森県 旧・三厩村)

エゾミズタマソウの交雑-花

小花柄に腺毛が多く見られました。また、萼の基部付近が赤い。
(2015.8 青森県 旧・三厩村)

エゾノミズタマソウの交雑-実

ひどい写真なので推定ですが、果実の毛がやや短く、深い溝が見られました。
(2015.8 青森県 旧・三厩村)

あやふやなイメージですが・・・エゾミズタマソウのスペックと比べて

合致点
・花柄に腺毛が多く見られる
・茎などは無毛
・果実の溝が深い

相違点
・萼が基部のみ赤い
・葉がやや細い

以上より、何らかの交雑種ではないかと思いましたが、それ以上は判りません。
なお、東北北部では、エゾミズタマソウは確認されていないようです。

<参考> エゾミズタマソウの交雑には、承知しているものだけで以下のものがあります。

ヤマタニタデ
・・・
エゾミズタマソウ x ミヤマタニタデ
タニタデモドキ
・・・
エゾミズタマソウ x タニタデ
ハヤチネミズタマソウ
・・・
エゾミズタマソウ x ウシタキソウ