ヒメヨツバムグラ

アカネ科 Rubiaceae
丈は10-40cm、葉が細くて小さく、多くは長さ1cm以下、狭披針形~狭長楕円形で先が尖り、縁毛と脈上に毛があります。
花は1mm未満とごく小さいですが、花柄や花序柄はヨツバムグラより伸びます。果実には先端が曲がったごく短い毛が見られます。

 

2016.4.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2

ヒメヨツバシオガマ-全体

ヨツバムグラより葉も細く、花序柄、花柄が伸びてより繊細でひ弱な感じです。
写真は丈が10cmに満たないもの。(2015.5 千葉市)

ヒメヨツバシオガマ-全体2

良く似たヨツバムグラと混生することも多く見られます。
(2013.5 千葉市)

ヒメヨツバシオガマ-全体

多くは丈が15-30cm程度。草地などでは普通にありますが、とても目立たない。
(2013.5 千葉市)

ヒメヨツバムグラ-全体4

(2015.4 千葉市)


ヒメヨツバシオガマ-花

花はとても小さくて1mm弱ほど。
(2013.5 千葉市)

ヒメヨツバムグラ-花2

葉の縁に毛が見られます。
(2013.5 千葉市)

ヒメヨツバムグラ-実

(2014.5 千葉市)


ヒメヨツバシオガマ-葉

葉はヨツバムグラに比して明らかに狭く狭被針形で4-12mm。先が尖ります。
(2013.5 千葉市)

ヒメヨツバムグラ-茎

茎には4稜があり、無毛。
(2015.5 千葉市)

ヒメヨツバムグラ-春

(2016.4 千葉市)