アリタソウ

top
アカザ科 Chenopodiaceae
ヒユ科 Amaranthaceae
丈は50-100cm、中部以下の葉は10cmの卵形~被針形で低い歯牙があり、裏面に黄色い腺点があります。
花は短い腋生の穂状花序に付き、基部に小さな苞状の葉が付きます。
茎に長い毛が見られるものは、ケアリアソウと呼びますが、分類上は区別しません。

 

2018.10.4 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2
  • 葉・実

アリタソウ-全体2

花は小さく、白い点々が花。
(2018.10 千葉市)

アリタソウ-全体2

河川敷に多く見られました。
(2012.10 静岡県富士宮市)

アリタソウ-全体3

(2010.10 千葉県館山市)


アリタソウ-全体4

(2010.10 千葉県館山市)


アリタソウ-花

花はごく小さく、よく見ないとわりません。
(2018.9 静岡市)

アリタソウ-花2

(2018.9 静岡市)


アリタソウ-葉

主茎の葉は被針形で低い歯牙があります。写真のものは細めのようです。
(2018.9 静岡市)

アリタソウ-葉2

葉裏。腺点が見られましたが、光が跳ねて黄色いかどうかはわからなかった。
(2018.9 静岡市)

アリタソウ-葉・実

葉は卵形~被針形、基部はくさび形。
(2010.10 神奈川県三浦市)

アリタソウ-茎

流し毛のあるものはケアタリソウと呼ばれますが、ふつうはないか写真のような感じ。
(2018.9 静岡市)