ホソバハマアカザ

top
アカザ科 Chenopodiaceae
ヒユ科 Amaranthaceae
丈は30-60cmほど、葉は2-10cmの狭被針形~線形、厚みがあり、縁は全縁か少し歯牙があります。
花は葉腋に雄花と雌花がまとまって付き、果実は三角形の2枚の苞に挟まれています。

 

2016.11.6 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 茎2

ホソバハマアカザ-全体

よく分枝して丈は80cmくらいになります。
(2016.11 千葉県館山市)

ホソバハマアカザ-全体2

(2016.10 千葉県木更津市)


ホソバハマアカザ-全体3

成長途上の6月頃の状態。花期ではわかりにくい葉が綺麗な状態で観察できました。
丈はすでに30-40cm。周囲はハママツナ。(2016.6 千葉県木更津市)

ホソバハマアカザ-全体4

(2016.6 千葉県木更津市)


ホソバハマアカザ-全体5

葉も落ち始めて赤く色づいた様子。
(2015.10 千葉県木更津市)

ホソバハマアカザ-実

(2016.10 千葉県木更津市)


ホソバハマアカザ-実2

果実は三角形の2枚の苞の間に挟まっています。
(2015.10 千葉県木更津市)

ホソバハマアカザ-葉

葉は狭被針形~線形で全縁。先端は鋭頭~鈍頭まで様々。
(2016.6 千葉県木更津市)

ホソバハマアカザ-葉

新葉。両面ともに鱗状のものに覆われています。
(2015.10 千葉県木更津市)

ホソバハマアカザ-葉3

時間が経過すると両面ともに鱗状物は落ちて、やや濃い目の緑色の葉面となります。
(2016.6 千葉県木更津市)

ホソバハマアカザ-茎

茎も始めは鱗状物に覆われています。
(2016.6 千葉県木更津市)

ホソバハマアカザ-茎

後に鱗状物は落ちます。
(2015.10 千葉県木更津市)