ブコウマメザクラ

top
バラ科 Rosaceae
マメザクラの変種。
丈は石灰岩地ではふつう4-5m程度の落葉小低木。葉は5-8cmの広倒卵形でマメザクラより大きくて丸みがあり、、先は急に尖り、重鋸歯があります。
花は葉の展開前、時に同時に咲き、花弁は約1cmでごく淡いピンク色、雌しべが長く突き出ることが多い。萼筒は細長く8-10mm。

 

2019.4.15 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 樹皮

ブコウマメザクラ-全体

石灰岩地特有の両側スッパリ切れ落ちた狭い稜線付近にあり、咲き始めで咲いている
ものは少なく、シュリンゲを使っての撮影となりました。(2018.4 埼玉県)

ブコウマメザクラ-全体2

花は小さく、且つまばらで、派手さはない。
(2018.4 埼玉県)

ブコウマメザクラ-全体3

石灰岩地以外ですが、本種と認知されているもの。
(2019.4 群馬県)

ブコウマメザクラ-花

(2018.4 埼玉県)


ブコウマメザクラ-花2

花径はマメザクラより少し小さいようでした。ごく淡いピンク色。萼筒は細長く8-10mm。
(2018.3 埼玉県)

ブコウマメザクラ-花3

花はごく淡いピンク。
(2018.4 埼玉県)

ブコウマメザクラ-花4

萼裂片の先は鈍頭でした。
(2019.4 群馬県)

ブコウマメザクラ-花5

ここのものは、萼裂片があまり伸びていなかった。
(2018.4 埼玉県)

ブコウマメザクラ-茎

(2018.4 埼玉県)


ブコウマメザクラ-樹皮

横長の皮目が目立ちました。
(2019.4 群馬県)