ベンケイソウ

top
ベンケイソウ科 Crassulaceae
丈は30-100cmほど、葉は6-10cmの楕円状卵形~楕円形で色は白緑色で赤紫色の斑点があり、先は鈍頭、浅い鋸歯があって短い柄があります。茎は赤味を帯びます。
花は茎頂に半球状の密な散房状に多数付き、花弁はピンク色で先は鈍頭、裂開前の葯はやや濃いピンク。
よく似たムラサキベンケイソウは、葉柄がありません。

 

2017.10.23 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2

ベンケイソウ-全体

まばらで数は僅かでしたが、花の少ない時期でしたので、
ピンク色のこの花はすぐ気づけました。(2013.9 長野県霧ヶ峰)

ベンケイソウ-全体2

(2013.9 長野県霧ヶ峰)


ベンケイソウ-花

花は複散房状に付き、花被はごく薄いピンクですが、
子房が赤く全体としてピンク色。(2013.9 長野県霧ヶ峰)

ベンケイソウ-花2

離生した5つの心皮は赤く、その廻りに2列に並んだ10本の雄しべが並びます。
(2013.9 長野県霧ヶ峰)

ベンケイソウ-葉

茎は赤く見え、葉は多肉で卵形、低い鋸歯があります。
(2013.9 長野県霧ヶ峰)

ベンケイソウ-葉2

葉の基部には短い柄が見られます。
(2013.9 長野県霧が峰)