クサナギオゴケ / シロバナクサナギオゴケ

top
ガガイモ科 Asclepiadaceae
キョウチクトウ科 Apocynaceae
丈は0.3-1mですが、しばしば花序が倒れ、大きいものは上部はツル状になります。下部の葉は地面から10cmほど上にまとまって付き、8-17cmの卵状被針形で先が尖り基部はくさび形、短柄があり対生で偽輪生状。上部の葉はまばらで2-5cmと小さい。
花は上部にまばらに付く葉の葉腋と茎頂に円錐花序に付き、花冠径6-9mmほど。花冠裂片は長楕円形で無毛
白花はシロバナクサナギオゴケと呼びます。
良く似たツルガシワは、下部の葉がひとまわり大きく、葉がやや厚く、側脈間の脈が多く目立ちます。

 

2018.8.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 春2
  • シロバナクサナギオゴケ
  • 同・花

クサナギオゴケ-全体

咲き始めて間もないようでした。花序が長く伸びて重さで垂れていました。
(2013.6 千葉県佐倉市)

クサナギオゴケ-全体2

多くは複数の株のツルが絡まってこんな感じになっている。写真では少なくとも6-7株が
絡まっています。端正な姿のものは希。(2016.5 千葉県佐倉市)

クサナギオゴケ-全体3

大きい株では、上部はツル状になって他の植物に絡みつきます。この株では下部の
葉のすぐ上からツル状になってヤマユリに絡んでいました。(2013.6 千葉県佐倉市)

クサナギオゴケ-全体4

2つの株が上部で絡まって伸びている状態。ツル状になるのは下部の大きな葉の上から。
(2016.5 千葉県四街道市)

クサナギオゴケ-全体5

つるが伸びてきた状態。株に数対の大きな葉が付き、そこからツル状となって小さな
葉が付く。ツルに付く葉の葉腋から花序が出ます。(2014.5 千葉県四街道市)

クサナギオゴケ-花

ツル状になる上部の葉腋に花序が付きます。
(2016.5 千葉県佐倉市)

クサナギオゴケ-花2

それぞれの花序は円錐状ですが、副散形状に近い姿のものもよく見られました。
(2016.5 千葉県佐倉市)

クサナギオゴケ-花3

花は6-7mm。毛は見られませんでした。
(2013.6 千葉県佐倉市)

クサナギオゴケ-花4

萼裂片は三角状の被針形。
(2014.5 千葉県四街道市)

クサナギオゴケ-蕾

葉の展開が始まると、まもなく上部が伸びてきて、すぐに蕾も現れます。
葉は最初、綿毛が多い。(2015.4 千葉県四街道市)

クンサナギオゴケ-実

ツルの部分に付くので、多くは倒れて草むらに沈んでしまって、撮影できたのは
2株のツルが絡み合ってアーチ状になっているものだけ。(2018.8 千葉県佐倉市)

クサナギオゴケ-実2

果実は4-5.5cm。
(2018.4 千葉県佐倉市)

クサナギオゴケ-葉

下部の葉は時に輪生状(偽輪生)に付き、卵状被針形で先は尖り全縁、柄があります。
(2014.5 千葉県四街道市)

クサナギオゴケ-葉2
希に6枚が輪生状に見えるものもあり、これも3対の対生する葉が接近して付いたもの。
下部の対生する葉の間隔は、株の大小にかかわらずまちまち。
(2014.5 千葉県四街道市)

クサナギオゴケ-葉3

上部の葉はまばらで離れて付き、幅の狭い卵状被針形~狭被針形で先が尖り、
基部は円形。(2014.5 千葉県四街道市)

クサナギオゴケ

最下部の葉は小さく、1-4cmほどしかありません。
(2015.4 千葉県四街道市)

クサナギオゴケ-実

若い果実
(2013.6 千葉県佐倉市)

クサナギオゴケ-春

下部の葉の位置までは一気に大きくなります。最下部の葉はごく小さい。
(2015.4 千葉県四街道市)

クサナギオゴケ-春2

葉が展開するまでは葉が上を向いているため、葉の基部の様子が少し違う。
(2015.4 千葉県四街道市)

シロバナクサナギオゴケ-全体

シロバナクサナギオゴケ。貧弱な株で、お見苦しい写真で申し訳ありません。
(2013.6 千葉県佐倉市)

シロバナカモメヅル-花

副花冠も薄い。
(2013.6 千葉県佐倉市)