ヤマトラノオ

top
 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
 オオバコ科 Plantaginaceae
丈は40-90cm、葉は対生で5-11cmの広被針形、鋭頭、基部はほとんど柄がなく、両面に毛が多く見られます。
花は茎頂に総状に密に付き、花冠長さ5mm、雄しべ2、雌しべ1が長く飛び出ます。
良く似たヒメトラノオは葉が細く、狭被針形、基部は短い柄状となります。花期も少し早い。

日本の野生植物では、ヒメトラノオを本種に含めています。

 

2017.11.14 更新
  • 全体

ヤマトラノオ-全体

花期がヒメトラノオより少し遅いような気がします。
(2008.8 長野県高ボッチ山)

ヤマトラノオ-花

(2008.8 長野県高ボッチ山)


ヤマトラノオ-葉

葉の幅がヒメトラノオに比べて明らかに広い。
(2008.8 長野県高ボッチ山)