アメリカタカサブロウ

top
キク科 Asteraceae
キク科 Compositae
丈は10-60cm、茎の下部は匍い、斜上して立ち上がります。茎や葉の両面に固く短い毛が多い。葉は線状披針形で長さ6-10cm、幅8-18mm、鋸歯は粗く浅い。
頭花は約5-7mmとタカサブロウより小さく、総苞は鐘形。果実には翼はなく、黒い。

 

2020.9.2 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 茎2
  • 比較

アメリカタカサブロウ-全体

タカサブロウより茎が細く、倒れて広がっていることが多い。
(2017.8 千葉県東金市)

アメリカタカサブロウ-全体2

(2020.9 千葉県四街道市)


アメリカタカサブロウ-全体2

(2020.7 千葉市)


アメリカタカサブロウ-全体3

(2010.10 千葉市)


アメリカタカサブロウ-花・茎

頭花はタカサブロウより小さめ。ただし、タカサブロウも環境や生育状況次第で
小さい頭花を付けるものもあり、わかりにくい。(2015.9 千葉市)

アメリカタカサブロウ-花2

筒状花の数がやや多いと感じたもの。結構ばらつく印象がありました。
(2017.10 千葉市)

アメリカタカサブロウ-花3

総苞は鐘形。片は2列。舌状花が総苞から外にあまり出ないものが多いと感じました。
(2015.9 千葉市)

アメリカタカサブロウ-葉

葉は細く、線状披針形で粗く浅い鋸歯があります。幅は8-18mm。上部は特に細い。
(2017.8 千葉県東金市)

アメリカタカサブロウ-葉2

葉表。タカサブロウ同様に固い毛が見られます。鋸歯がタカサブロウより明瞭と
言われますが、並べて比べないとわからない程度でした。(2017.8 千葉県東金市)

アメリカタカサブロウ-葉2

葉裏も同様。
(2017.8 千葉県東金市)

アメリカタカサブロウ-茎

茎はタカサブロウに比して細いですが、葉腋から少し下までがやや太いようでした。
上向きの固く短い毛が見られました。(2017.10 千葉市)

アメリカタカサブロウ-茎

上部の茎。毛が多い。
(2015.9 千葉市)

アメリカタカサブロウ-実

(2020.7 千葉県四街道市)


アメリカタカサブロウ-種

種子には翼はなく、4稜があって、イボ状突起がほぼ全面に見られました。
(2017.8 千葉県東金市)

アメリカタカサブロウ-比較

左:タカサブロウ 右:本種 方眼は1cm。
(2017.8 千葉市)