マルバダケブキ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は0.4-1.2m、根生葉は腎円形で30cm、基部は深い心形で長い柄が楯形に付きます。茎葉は2個で、柄の基部は膨らんで茎を抱きます。
頭花は散房状に多数付き、径8cm、舌状花は10個前後、総苞は筒鐘形でビロード状の縮毛に覆われています。
よく似たトウゲブキは花が4-5cm、総苞は無毛。

 

2017.8.31 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 蕾2

マルバダケブキ-全体

北岳・草すべりの斜面に沢山群生していました。
(2011.8 北岳)

マルバダケブキ-全体2

丈は0.8-1.2mになります。
(2010.7 三ツ峠山)

マルバダケブキ-全体3

(2017.8 群馬県尾瀬)


マルバダケブキ-花

頭花は8cmほどと大きい。
(2010.7 三ツ峠山)

マルバダケブキ-花2

(2008.8 湯の丸高原)


マルバダケブキ-蕾

総苞には縮れた毛が密生します。
(2008.8 湯の丸高原)

マルバダケブキ-蕾2

花序全体が苞に包まれて上がってきます。
(2012.8 山梨県 旧・塩山市)

マルバダケブキ-葉

葉は腎円形。盾状に付く。
(2007.9 高ボッチ山)