シラネアザミ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は35-65cm、茎には狭い翼があります。下部の葉は5-18cmの卵形~長楕円形、基部は心形~ほこ形で長柄があり柄には翼があって茎の翼に繋がります。中部の葉は三角状。
頭花は短柄があり、総苞は褐色の毛が多く、赤みを帯びることが多い。総苞片はしばしば先が長く伸び、特に外片が大きく卵状被針形。
高山には良く似て総苞が黒いクロトウヒレンがあります。また、東北の高山部で見られる総苞にクモ毛や綿毛の多いミヤマキタアザミやウゴトウヒレンもよく似ています。

注 「日本の野生植物」ではニッコウトウヒレンを含む。Y-Listでは変種として分けている。

 

2017.10.18 更新
  • 全体(福島)
  • 全体2
  • 花2
  • 全体(尾瀬)
  • 全体2
  • 花2
  • 花3

シラネアザミ-全体

(2009.8 福島県磐梯山)


シラネアザミ-全体2

(2009.8 福島県磐梯山)


シラネアザミ-花

褐色の毛が多く見られます。片は見た目5-6列、実質7-8列。基部に苞葉が付く。
(2009.8 福島県磐梯山)

シラネアザミ-花2

総苞片が開出しているもの。
(2009.8 福島県磐梯山)

シラネアザミ-葉

葉は三角状卵形で基部はハート形。
(2009.8 福島県磐梯山)

シラネアザミ-全体

わかりにくい写真しかなく、すみません。
(2017.8 群馬県尾瀬)

シラネアザミ-全体2

(2017.8 群馬県尾瀬)


シラネアザミ-花

頭花は茎頂に固まってやや密に付きます。
(2017.8 群馬県尾瀬)

シラネアザミ-花2

総苞は赤味を帯び、総苞片の先が長く伸び、特に外片が長い。
(2017.8 群馬県尾瀬)

シラネアザミ-花3

片に褐色の毛が見られます。
(2017.8 群馬県尾瀬)

シラネアザミ-葉

下部は楕円形ですが、中部の葉は三角状であることが多いようです。基部は心形、
柄には翼があり、茎の翼に続きます。(2017.8 群馬県尾瀬)

シラネアザミ-茎

翼が見られます。
(2017.8 群馬県尾瀬)