ミネウスユキソウ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
ウスユキソウの変種で、頭花が集まって付きます。
丈は10cmでウスユキソウより小型。茎は叢生し、葉は2-4cmの被針形~長楕円形で、両面に綿毛がありますが、葉表は少なく緑色。
頭花は茎頂にまとまって付き、花柄はないか、あってもごく短い。苞葉は長楕円形で茎葉よりやや小さく、綿毛が密生します。

 

2012.2.20 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2

ミネウスユキソウ-全体

頭花が集まって付きます。
(2009.8 八ヶ岳)

ミネウスユキソウ-全体2

咲き始めの状態。ウスユキソウのごく初期の咲き始めも集まって見えるので
パッと見ではわかりにくいことがあります。(2009.7 至仏山)

ミネウスユキソウ-全体3

(2008.8 湯の丸高原)


ミネウスユキソウ-花

頭花の柄はない、またはごく短い。
(2009.7 至仏山)

ミネウスユキソウ-花2

(2009.8 八ヶ岳)