ミズヒマワリ

top
キク科 Asteraceae
キク科 Compositae
抽水性植物。多くは栄養繁殖します。
丈は1mほどになり、茎は太くまっすぐに立ち上がり、葉は卵状披針形で鋸歯があり鋭頭・・・等、花以外の姿はヒマワリに似ますが、葉は両面無毛。
頭花は茎頂に複数の集散状に付き、径1.5-2cmほどの球状で、総苞は浅い碗型。

 

2020.6.26 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

ミズヒマワリ-全体

駆除が進んでいるのか、意外と見つかりませんでした。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

ミズヒマワリ-全体2

ナガエツルノゲイトウとの悪漢コンビ。もはや定番。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

ミズヒマワリ-全体3

咲き始めで多くはまだ蕾でした。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

ミズヒマワリ-花

全体の花序は集散状の花序が円錐状に付くイメージ。咲き始めで判りませんでしたが、咲き進むと頭花の柄はもう少し伸びるようです。(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

ミズヒマワリ-花2

頭花は1.5-2cmの球状。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

ミズヒマワリ-花3

総苞は碗型、片は線形で3列のように見えました。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

ミズヒマワリ-蕾

(2020.6 千葉県 旧・佐原市)


ミズヒマワリ-葉

葉は卵状披針形で鋭頭、鋸歯が見られ、やや長い柄がある。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

ミズヒマワリ-葉2

葉裏も無毛。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)

ミズヒマワリ-茎

中部以下の葉は茎を抱いていました。
(2020.6 千葉県 旧・佐原市)