ツガルコウモリ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
この10年くらいで見つかったコウモリソウ。
丈は最大で2mほどになり、葉は偏5角形状の腎円形でごく浅く5裂、先端が短く尾状に尖り、側裂片も尾状に尖り、葉柄は茎を抱きますが、耳部は大きくない。
頭花は茎頂に円錐状に付き、総苞片は8個、小花は10-14個
良く似たミミコウモリは葉の基部が耳状に張り出し、総苞片は5つ。コバナコウモリは総苞片8個で同じですが、茎は抱かない。

 

2016.9.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2
  • <参考-深浦>
  • 同-花
  • 同-葉

ツガルコウモリ-全体

丈は2mくらいになることもあるそうですが、写真のものは海岸に面して生えていたので
1m強でしたが矛盾がないように感じました。(2012.8 青森県 旧・三厩村)

ツガルコウモリ-花

(2012.8 青森県 旧・三厩村)


ツガルコウモリ-花
筒状花は10-14個。総苞片は8個、よく似たミミコウモリは5個。
写真には4個の総苞片が写っており、反対側を含めると8個くらいあると
ご理解いただけるかと。(2015.8 青森県 旧・三厩村)

ツガルコウモリ-葉

葉は偏5角状腎円形で、ごく浅く裂け、先端が尾状に短く尖り側裂片も尾状に尖ります。
柄には翼があり、茎を抱きます。(2012.8 青森県 旧・三厩村)

ツガルコウモリ-葉2

葉はしっかり茎を抱きますが、耳部はあまり大きくふくれない。
(2015.8 青森県 旧・三厩村)

ツガルコウモリ-全体3

咲き始めのもの。葉の雰囲気が少し違う。
(2016.8 青森県深浦町)

ツガルコウモリ-花2

頭花はよく似ており、総苞片、小花の数とも符号。
(2016.8 青森県深浦町)

ツガルコウモリ-葉3

ここのものは、下部の葉に丸みのあるものが多く、鋸歯も浅く荒々しさがない。
(2016.8 青森県深浦町)