ミヤマイワニガナ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
ジシバリの高山変異。
50cmに及ぶ長い匐枝を伸ばして増えます。丈は5-12cm、葉は卵状楕円形で多少の歯牙があります。
舌状花は15個。
ジシバリと区別できないという考え方もあります。

 

2015.2.3 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2

ミヤマイワニガナ-全体

岩場や礫地に多いせいか、大抵の場合、匍枝は地下を匍わず、地上を匍い回っています。
(2013.8 長野県白馬岳)

ミヤマイワニガナ-全体

匍枝が手前から右へ長く伸びています。
(2008.8 長野県八方尾根)

ミヤマイワニガナ-花

茎葉はないように見えました。
(2008.8 長野県八方尾根)

ミヤマイワニガナ-葉

葉は卵状楕円形。
(2008.8 長野県八方尾根)

ミヤマイワニガナ-葉

(2014.5 富士山)