エゾノハクサンイチゲ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
ハクサンイチゲの近縁で北半球の周極地方に分布する種。
花茎はハクサンイチゲ同様15-40cm、ハクサンイチゲと比べて、葉先があまり尖らず、裂ける数も少なく、且つ浅く、裂片の幅が広いものです。
果柄は花後もあまり伸びず4-8cmで短い。
東北南部は両種が混在している地域があり、両種の違いもわかりにくく感じます。

 

2016.1.5 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 参考
  • 参考2

エゾノハクサンイチゲ-全体

東北の高山の初夏を代表する花。
(2018.6 山形県月山)

エゾノハクサンイチゲ-全体

咲き始め。
(2006.6 山形県月山)

エゾノハクサンイチゲ-全体3

(2018.6 山形県鳥海山)


エゾノハクサンイチゲ-花

花はハクサンイチゲと同じです。
(2018.6 山形県月山)

エゾノハクサンイチゲ-花2

雄しべは多数。
(2015.7 山形県月山)

エゾノハクサンイチゲ-花3

(2018.6 山形県月山)


エゾノハクサンイチゲ-花4

花柄には毛が密生。時に写真のように萼が部分的に紫色を帯びます。
(2018.6 山形県月山)

エゾノハクサンイチゲ-実

(2015.7 山形県月山)


エゾノハクサンイチゲ-葉

ハクサンイチゲ
に比べて、葉の先端が尖らず、裂片の幅が広く、鋭さに欠けます。
小葉には柄があります。(2006.6 山形県月山)

エゾノハクサンイチゲ-葉2

根生する葉。長柄があり、3出複葉で更に2-3裂、更に裂けます。
(2015.7 山形県月山)

エゾノハクサンイチゲ-葉3

葉裏脈上、縁、葉柄などに毛が見られる。
(2018.6 山形県月山)

エゾノハクサンイチゲ-葉4

上部の葉は柄がなく、4輪生状に付きます。茎や葉裏には長い毛が多い。
(2015.7 山形県月山)

エゾノハクサンイチゲ-全体2

ここのものはハクサンイチゲと言われることが多く迷います。幅は太く、裂け方も浅く、
花柄も短いので要件は整っているように感じるのですが・・・。(2011.6 宮城県南蔵王)

エゾノハクサンイチゲ-参考・葉

参考の写真の葉。本種にしては先が尖っているようにも見えなくもない。でも全体から
受ける印象はハクサンイチゲのような鋭さは感じられない。(2011.6 宮城県南蔵王)