ハクサンイチゲ / ミドリハクサンイチゲ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
アルプスなど、高山の花ではおなじみの花です。
丈は15-40cm。茎葉は無柄で4輪生しそれぞれ2-3回深裂、更に裂け、裂片の先は尖ります。根生葉は長柄があり、3出複葉でさらに2-3裂。
花は2-2.5cm、2-5個が散形状に付きます。花弁に見えるものは萼で5-7個、花弁はない。花が終わると果柄は伸びる。
花が緑色を帯びたものはミドリハクサンイチゲと呼びます。
東北地方では一見してよく似たエゾノハクサンイチゲもありますが、本種は葉の最終裂片の幅が狭く先が尖ります。

 

2018.7.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 茎葉
  • 芽だし
  • ミドリハクサンイチゲ
  • 同2

ハクサンイチゲ-全体

多くの高山で見られ、夏山シーズンを告げる花です。
(2014.7 北岳)

ハクサンイチゲ-全体2

アルプスでは、シナノキンバイなどと一緒に見事なお花畑を作ります。
(2008.8 白馬岳)

ハクサンイチゲ-全体3

根生する葉が展開して時間をおかずに茎が上がって来ます。根生する葉には長柄があり3出複葉で小葉は更に3出状に2-3回裂け、柄には毛が多く見られます。(2009.6 八ヶ岳)

ハクサンイチゲ-花

1つの茎に数輪の花を咲かせます。茎葉と花枝の出るところは全部一緒です。
(2005.8 白馬岳)

ハクサンイチゲ-花2

(2014.6 八ヶ岳)


ハクサンイチゲ-花3

花弁に見えるものは萼なので、萼に見えるものはありません。
花茎には毛が密生します。(2008.7 白馬岳)

ハクサンイチゲ-実

(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)


ハクサンイチゲ-茎葉

茎葉は総苞葉とも呼ばれ、4枚が同じ所から無柄で出て、さらに2-3回深裂し、
更に細かく裂けます。この真ん中から花柄が伸びます。(2005.8 白馬岳)

ハクサンイチゲ-芽だし

芽吹いたばかりの状態。
(2009.6 八ヶ岳)

ミドリハクサンイチゲ-全体

中央が本種。両脇の普通のハクサンイチゲと比べても、はっきり色の違いがわかります。
(2011.7 北岳)

ミドリハクサンイチゲ-花

これはこれで、綺麗です。
(2011.7 北岳)