モミジカラマツ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
丈は30-60cm、根生葉は1-3個あり、円形~半円形で径5-30cm、掌状に7-9中~深裂し、欠刻状の鋭い鋸歯が見られます。茎葉は3-7裂で上部の茎葉には柄がない。
花は散房状に付き、径1-1.3cm、花糸は先にいくほど少し太くなり、先に白い葯が付きます。

 「日本の野生植物」ではミョウギモミジカラマツを含みます。

 

2018.7.23 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

モミジカラマツ-全体

葉が掌状に裂けるカラマツソウ。
(2008.7 栂池)

モミジカラマツ-全体2

(2015.7 岩手県八幡平)


モミジカラマツ-全体3

(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)


モミジカラマツ-花

よく見ると菊の花のような綺麗な花です。花糸は先のほうがやや太く、
その先にそれと同じかやや大きく白い葯が付きます。(2008.6 秋田駒ヶ岳)

モミジカラマツ-花2

(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)


モミジカラマツ-実

(2015.7 岩手県八幡平)


モミジカラマツ-葉

根生葉。盾状に付き、掌状に7-9中~深裂。
(2015.7 岩手県八幡平)

モミジカラマツ-葉2

葉裏。
(2017.7 青森県白神山地)

モミジカラマツ-葉3

茎葉。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)

モミジカラマツ-茎

上部の茎葉は柄が短い。更に上部では無柄となります。
(2015.7 岩手県八幡平)