ノカラマツ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
アキアラマツにも似ていますが、茎は分枝せず、小葉は幅が狭い
丈は0.6-1.2m、全体に毛はなく、茎には鋭い稜があります。葉は1-2回3出複葉、小葉は2-4cmのくさび形~狭倒被針形で先が浅く3裂し、裏面は白い。ふつう小托葉が見られますが、ないこともある。
花は幅の細い円錐状に付き、径1cm、柄は5mm。萼は早落性、葯は淡黄色、花糸は葯より細い。

 

2018.8.4 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 芽だし
  • 葉5
  • 葉6
  • 参考

ノカラマツ-全体

ほとんど分枝しません。
(2014.7 栃木県 渡良瀬遊水地)

ノカラマツ-全体2

花序は分枝しますが、あまり横には広がらず、草姿はとてもスリム。
(2014.7 栃木県 渡良瀬遊水地)

ノカラマツ-全体2

(2010.7 栃木県 渡良瀬遊水地)


ノカラマツ-花

既に萼は落ちていて花糸と葯が目立ちます。
(2014.7 栃木県 渡良瀬遊水地)

ノカラマツ-花2

咲き始めたばかりの花。まだ萼は残っていて、葯も裂開していない。
(2014.7 栃木県 渡良瀬遊水地)

ノカラマツ-蕾

ヨモギの仲間のようにも見えます。
(2010.6 茨城県・旧水海道市)

ノカラマツ-実

(2018.8 栃木県 渡良瀬遊水地)


ノカラマツ-葉

葉は柄はなく、1-2回3出複葉、小葉は長くて更に2-3裂します。
(2017.5 茨城県 旧・水海道市)

ノカラマツ-葉2

葉にも葉序の軸や小葉柄にも毛はありません。葉脈は窪む。
(2014.7 栃木県 渡良瀬遊水地)

ノカラマツ-葉3

葉裏。葉脈が浮き出ます。縁は少し裏側に巻く感じ。拡大すると・・・
(2015.5 茨城県 旧・水海道市)

ノカラマツ-葉4

葉裏の拡大。
(2018.8 栃木県 渡良瀬遊水地)

ノカラマツ-茎

葉序の軸には稜があり、茎にも稜が見られました。
(2015.5 茨城県 旧・水海道市)

ノカラマツ-芽だし

アキカラマツとよく似ていて、もし、一緒に見られる場所ならば区別できないのではと
思います。小葉の長い特徴はまったくない。(2017.3 茨城県 旧・水海道市)

ノカラマツ-葉5

根生葉・葉表。光沢があって葉脈がくぼむ。
(2015.3 茨城県 旧・水海道市)

ノカラマツ-葉6

根生葉の葉裏。茎葉同様、脈が浮き出ます。
(2015.3 茨城県 旧・水海道市)

ノカラマツ-春

茎が伸び始めた頃。小葉は少し長くなる。
(2014.4 栃木県 渡良瀬遊水地)

ノカラマツ-参考

私の持っている図鑑には1-2回3出複葉とありますが、下部では3回3出複葉のものも
多いように思います。(茨城県 旧・水海道市)