カリガネソウ

top
クマツヅラ科 Verbenaceae
シソ科 Lamiaceae
丈は1mほど、茎には4稜があります。葉は8-13cmの広卵形で、先は鋭頭、鋸歯があり、柄があります。
花は葉腋から伸びた柄に集散状に付き、花冠長さ8-10mm、花の形は独特で、5裂し、下側の裂片が大きく上に反り返り、上に長く伸びた雄しべと花柱は下に反り返っています。

 

2016.8.29 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4

カリガネソウ-全体

花の形が面白く、わかりやすい植物。写真はヤマノイモの葉が絡まっている。
(2016.8 岩手県岩泉町)

カリガネソウ-全体

山地の花のように感じますが、都市郊外の森などでも見られるようです。
(2013.9 神奈川県横須賀市)

カリガネソウ-全体3

虫のようにも見えます。
(2008.9 群馬県谷川岳)

カリガネソウ-花

雄しべのカーブと花冠の下側裂片のカーブを延長すると綺麗な楕円になります。
(2013.9 神奈川県横須賀市)

カリガネソウ-花2

(2016.8 岩手県岩泉町)


カリガネソウ-花3

花柱と花糸は途中まで合着。雄しべは長短各2、花柱は2裂します。
(2016.8 岩手県岩泉町)

カリガネソウ-花4

花冠筒部に開出した毛が、花柄に腺毛が見られましたが、
萼の毛は短くて少ないようです。(2016.8 岩手県岩泉町)

カリガネソウ-蕾

開花間近の蕾。あの長い雄しべはどう収納されているんだろうと思いました。
(2013.9 神奈川県横須賀市)

カリガネソウ-葉

葉は広卵形で先は長く尖ります。
(2008.9 群馬県谷川岳)

カリガネソウ-茎

茎は断面が四角形。写真は上部の葉で、柄は短い。
(2013.9 神奈川県横須賀市)