コムラサキ

top
シソ科 Lamiaceae
クマツヅラ科 Verbenaceae
実がかたまって付くので、ムラサキシキブより実が綺麗に見えます。葉の鋸歯が上半分しかないこと、花柄が葉腋から少しずれて出ること、枝が紫色を帯びることなどがムラサキシキブとの識別ポイントです。

 

2020.6.24 更新
  • 全体
  • 果期
  • 果期2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 葉2
  • 茎2
  • 枝3

コムラサキ-全体

(2007.7 千葉市)


コムラサキ-果期

この鮮やかさでわかるとおり、園芸用で売られているムラサキシキブの多くは本種。
(2019.11 千葉市)

コムラサキ-果期2

(2009.10 千葉市)


コムラサキ-花

花付きはムラサキシキブより良い。
(2007.7 千葉市)

コムラサキ-花2

花序は葉腋の少し上から出ています。
(2020.6 千葉市)

コムラサキ-花3

(2020.6 千葉市)


コムラサキ-花4

(2020.6 千葉市)


コムラサキ-実

実の頃は、星状毛は落ちています。実は葉腋からずれます。
(2010.10 千葉市)

コムラサキ-葉

葉は倒卵状長楕円形で先端が長く尖ります。
(2020.6 千葉市)

コムラサキ-葉2

葉裏。小さな腺点がみられました。
(2020.6 千葉市)

コムラサキ-枝

花柄が葉腋からずれて付いています。ムラサキシキブも少し上から出る
ものもありますが、ここまではっきりしない。(2007.7 千葉市)

枝2

若い枝は紫色で最初、星状毛があります。
(2020.6 千葉市)

コムラサキ-枝3

新枝は緑色。
(2020.6 千葉市)