ヤマグワ

top
クワ科 Moraceae
「アカトンボ」にも歌われる「子篭に摘む」クワは、たぶん本種。
落葉小低木ですが15mくらいになるものもあります。葉は4-11cmの卵形~卵状広楕円形、裂けないものから3-5裂するものまであり、先は尾状、基部は切形~浅いハート形で洗い鋸歯があります。
花序は新枝の葉腋に付き、雄花花序は1.5-2cm、雌花花序は4-6mm。集合果は1-1.5cmの楕円形で黒色に熟します。先端に花柱が残る
なお、蚕のエサとして栽培されるのはマグワで、果実に残存花柱が小さいかない。

 

2018.5.18 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 実2

ヤマグワ-全体

葉はふつう卵状楕円形で湾入します。写真は雄株。
(2018.4 千葉市)

ヤマグワ-全体2

雌株。
(2017.5 千葉市)

ヤマグワ-全体3

果期
(2018.5 千葉県 旧・成東町)

ヤマグワ-全体4

(2017.5 千葉市)


ヤマグワ-花

雄花花序。
(2007.4 千葉市)

ヤマグワ-花2

雄花。開花が始まった状態。
(2018.4 千葉市)

ヤマグワ-花3

雌花花序。
(2018.4 千葉市)

ヤマグワ-実

黒くなると完熟で美味です。
(2018.5 千葉県 旧・成東町)

ヤマグワ-実2

2裂した花柱が果実にはっきり残ります。
(2017.5 千葉市)

ヤマグワ-葉

切れ込みがあるとは限らず、後ろにあるように普通は卵状楕円形。
(2007.5 千葉市)

ヤマグワ-枝

咲きだしの頃。樹皮は盾に筋が入っていて、薄く剥離しやすいようです。
(2007.4 千葉市)