カワラナデシコ

top
ナデシコ科 Caryophyllaceae
丈は30-80cm、葉は対生し3-9cmの線形~被針形で基部は茎を抱き、粉白色を帯びます。
花は茎頂に数個付き、径4-5cm、花弁舷部は深裂し先は更に糸状に裂けます。萼筒は3-4cm、苞は3-4対で先は芒状に尖ります。
良く似たタカネナデシコエゾカワラナデシコはいずれも苞が2対。

 

2019.8.17 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3
  • 芽出し

カワラナデシコ-全体

河原や川のそばの草地などで見掛けます。近所にもちらほら見られたのですが、
盗掘されてすっかり少なくなりました。(2019.8 千葉市)

カワラナデシコ-全体

(2007.7 千葉市)


カワラナデシコ-花

(2007.7 千葉市)


カワラナデシコ-花2

(2016.7 千葉市)


カワラナデシコ-花3

喉部にある毛。
(2017.8 千葉県 旧・成東町)

カワラナデシコ-花4

苞は3-4対、卵形で、先だけ芒状に鋭く尖ります。黄色矢印は最上部の葉で、
時に苞に被って数えにくい時がある。(2016.7 千葉市)

カワラナデシコ-葉

葉は多くは線状被針形。粉白色を帯びます。
(2016.7 千葉市)

カワラナデシコ-葉2

葉の縁に微鋸歯が見られました。
(2016.7 千葉市)

カワラナデシコ-葉3

葉裏。
(2016.7 千葉市)

カワラナデシコ-茎

茎はあまり粉白色を帯びていないことが多い。葉の基部は茎を抱き、
対生する2枚が合着。(2016.7 千葉市)

カワラナデシコ-芽出し

3月になると芽が上がってくるようです。
(2014.3 千葉市)