マサキ

top
ニシキギ科 Celastraceae
高さ2-6mの低木。本年枝は緑色。葉は密に付き、3-8cmの楕円形で厚みがあり、縁に浅い鋸歯が見られます、柄は約1cm。
花は葉腋から出る集散花序に付き、径7mm、雄しべは4。果実は径6-7mmの球形で、熟すと4裂し、赤い仮種皮に包まれた種子が垂れ下がります。

 

2017.11.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 実2

マサキ-全体

房総の海岸付近ではどこにでも沢山あります。
(2010.7 千葉県館山市)

マサキ-実

果期。
(2008.11 千葉県勝浦市)

マサキ-花

薄い黄緑色の4弁花で、雄しべも4本。
(2010.7 千葉県館山市)

マサキ-葉

葉は楕円形、無毛で光沢があり、縁には浅い鋸歯があります。
(2017.11 静岡県下田市)

マサキ-実

裂開前の果実。
(2017.11 静岡県下田市)

マサキ-実2

裂開の始まった果実。赤いものは仮種皮で、この中に種子が含まれている。
(2017.11 静岡県下田市)