エゾオオバコ

top
オオバコ科 Plantaginaceae
葉に軟毛が多く、フワフワした感じに見えるオオバコ。
葉は全て根生し、軟毛が密生、長楕円形~倒卵形で先は鈍頭、基部は細まって柄となり、柄を含めて5-11cm。
15-30cmの花茎を数本立ち上げ、穂状花序を付けます。花は雌性先熟で下から咲きます。花茎にも短毛が多い。
似た ツボミオオバコは茎に長い毛が密生し、葉の毛はやや少ない。花序も長い。

 

2016.5.2 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

エゾオオバコ-全体

葉脈のくぼみがはっきりしています。
(2010.5 青森県・旧三厩村)

エゾオオバコ-全体2

(2016.4 青森県八戸市)


エゾオオバコ-花

花序は比較的短い。左が雌性期の花序で花柱だけが見えている。
右の大半が両性期。(2010.5 青森県・旧三厩村)

エゾオオバコ-花2

上半分が雌性期、雌性期では、花弁は開かず、ブラシ状の花柱だけが伸びます。
下半分は両性期のようです。(2014.5 岩手県久慈市)

エゾオオバコ-花3

両性期の花。両性期、又は雄性期になってから花弁は開きます。
花弁は膜質で反り返っています。(2014.5 岩手県久慈市)

エゾオオバコ-葉

葉の表面に毛が密生しています。若い葉は特に毛が密で白く見えます。
(2014.5 青森県深浦町)

エゾオオバコ-葉2

(2014.5 青森県深浦町)


エゾオオバコ-葉3

葉裏。葉脈に長毛がものすごく密生。
(2015.5 青森県深浦町)

エゾオオバコ-葉4

(2008.4 新潟県・旧巻町)