アカイシリンドウ

top
リンドウ科 Gentianaceae
シロウマリンドウの変種で、花冠裂片の先端が丸いものです。
丈は5-30cm。茎葉は2-6対で1-4cmの卵状被針形~楕円形、基部は少し茎を抱きます。多少葉腋で分枝します。
花は茎頂に1つ付き、花冠は長さ7-25mm、先端が4裂、筒部はやや緑色を帯び、裂片は淡青紫色で先が丸く細かな鋸歯状、喉部は櫛状に裂けます。萼裂片は三角状で筒部より短い。
基準標本地の地蔵岳は絶滅したようです。
母種のシロウマリンドウは、花冠裂片の先が少し尖り気味になります。

 

2016.2.8 更新
  • 全体
  • 花2
  • 花3

アカイシリンドウ-全体

少し時期が遅かったのか、綺麗に咲いていたものは少なかった。
(2013.9 山梨県北岳)

アカイシリンドウ-花

花冠は4裂花冠裂片は丸く、細かな鋸歯状となっています。
花喉近くは櫛状の付属帯が見られます。(2013.9 山梨県北岳)

アカイシリンドウ-花2

萼き花冠筒部の半分強、裂片先端は尖ります。茎は赤味を帯びます。
(2013.9 山梨県北岳)

アカイシリンドウ-花3

閉じてしまうと色味がなくて更に地味。
(2013.9 山梨県北岳)

アカイシリンドウ-葉

葉は卵形~楕円形、葉腋で分枝するものも見られます。
(2013.9 山梨県北岳)